スポンサーリンク

アウトドアスパイス ほりにしを比べてみた。

スポンサーリンク
キャンプ関連
akicamp
akicamp

こんにちは、akicampです。

今回は、アウトドアスパイスで有名な『ほりにし』を食べ比べてみました!

ほりにしと聞くと有名なスパイスな為、知ってる人は多いかと思います。

そのほりにしスパイスですが、数種類でてるのはご存知でしょうか?

普通のほりにし、ほりにしブラック、ほりにし辛口、そしてほりにしプレミアム。

今回は、プレミアムが手に入らなかったので、残り3種の特徴を比べてみました!

そもそもほりにしとは?

ほりにしは、アウトドアショップOrangeが開発したスパイスです。

肉、魚、野菜と、どんな食材にも合う万能調味料で、アウトドア•自宅問わず活躍してくれる優れものです。実際私も、キャンプだけでなく自宅で料理をする際に重宝しています。


Amazon.co.jp

ほりにし(白)

ほしにしといえばこれ、シリーズの中で1番有名な商品ではないでしょうか。

塩、しょうゆの和風調味料をベースとし、ガーリック、黒胡椒で味を整えているようです。

子どもでも食べやすい味付けなので、キャンプや家庭料理で重宝します。

荒目に引いてある調味料なため、肉にかけても、野菜にかけても、食感の違いを楽しめます。

楽しく美味しい、まさに夢のようなスパイスです。

ほりにし(ブラック)

燻製の香りをメインとした燻製風味のアウトドアスパイス。

普通のほりにしとは違った美味しさを楽しめます。

燻製風味なだけあり、香りは非常に良いです。

燻製風味なだけあり卵やチーズとの相性も抜群となります。

ほりにし(辛口)

定番のほりにしをベースに唐辛子、山椒が追加されたピリッと辛いほりにしとなります。

辛口で美味しい料理を楽しみたい方にはおすすめで、唐辛子と山椒が食欲を唆り、無限に食べられる感覚になります。

食べ比べてみた

【肉】

ほりにし(白) 

粒一つ一つが大きい為、肉のガツっとした食感に負けない存在感が出ています。どれだけかけても、肉の旨みを邪魔しない、引き立て役となってくれています。

ほりにし(ブラック)

やはり普通のほりにしとは違うのか、結構な量をかけても塩辛さは感じません。

代わりに感じるのは燻製の香り。非常にスモーキーな肉を楽しめる事請け合いです。

ウイスキーにも合いそうな、大人なスパイスでした。

ほりにし(辛口)

辛口の辛さの主成分は唐辛子。

しっかりと辛いながらも、肉の甘みも邪魔しない程度の存在感。

とはいえ、しっかり辛いので、辛い物好きにはオススメですが、苦手な方は普通のほりにしをオススメします。

【野菜】

ほりにし(白)

万人にオススメできる調味料であり、ほりにし(白)との組み合わせもまた、無限大。

もちろん野菜との相性も抜群。

それぞれの旨みをお互い引き出し合う感じがあり、野菜嫌いな子供でも食べてくれそうです。

実際我が家の子は野菜苦手でしたが、ほりにし白をかければ食べてくれます。まさに魔法のスパイス。

ほりにし(ブラック)

主観ですが燻製×野菜は思ったより相性が良くは無く、燻製の香りが野菜の甘みと戦っているような…打ち消しあっている印象がありました。

とはいえ美味い。

燻製風味単体は美味いし、野菜ももちろん美味い。

美味い×美味いなはずなのですが、合わさらずそれぞれの美味さを感じるだけにとどまりました。

ほりにし(辛口)

肉にかけた時とは違い、野菜には野菜の甘味があります。

その甘みの強さが辛口の辛さを緩和しているようで、肉の時とは違い、辛さが抑えられているようでした。

若干の物足りなさを感じつつも、唐辛子と山椒の香りはしっかりしており、とても食欲を唆るスパイスです。

無限に野菜が食べれる、そんな気さえしてきます。

まずは一本

今回は3種類のほりにしを肉と野菜にかけて比べてみました。

それぞれ特徴的であり、同じ調味料でも肉と野菜ではまた違った顔を見ることができました。

魚や卵かけご飯、パスタなんかにも合うようなので、今度はそちらでも試してみようかな?

何にでも合う万能調味料、ほりにし。よろずにあるスパイスに迷っているならばまずはほりにしから入ってみるのが良いかもしれません。

アウトドアスパイスの世界に、どっぷりハマりますよ!


最後までご覧頂きありがとうございました。

コメント等いただけたら励みになります。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました